子供と栄養について理解する(その1)

2023年08月31日

こんにちは
女性のボディメイク・健康増進に特化した指導を行う自由が丘パーソナルジムNICOです。
今回は子供と栄養について
です。

 

1.乳児と小児の栄養


 

●乳児
乳児は母乳かミルクでの栄養摂取により当然変わってきます。しかし、推定平均必要量や推奨量を決定するための臨床研究は乏しく、あくまでも目安の量になってきます。

●小児
こちらも乳児同様に食事摂取基準の臨床データが乏しく、あくまでもこれくらい摂取した方が良いと思うという目安の量になります。これ以上摂取すると身体に害が出るといった耐容上限量に関してもデータが少なく算出できないものが多いですが、多量に摂取しても健康障害が生じないわけではないので注意は必要です。

★参考データはこちら
▼▼▼
食事摂取基準の参照データ一覧

 

2.三大栄養素について


 

●タンパク質
小児(1〜17歳)の1日に必要なタンパク質量は体重1kgあたり0.6〜1.25g程度推奨されています。なお乳児期から離乳期のタンパク質摂取が多いと、乳児期の体重増加が大きいことや小児期のBMIが高くなることが報告されています。

●脂質
成人では飽和脂肪酸の摂取を減らすことで血清総コレステロール及びLDLコレステロールの低下、循環器疾患(高血圧、心疾患、脳血管疾患など)のリスクが低下すると報告が多いことから7%エネルギー以下という目標が設定されています。一方で乳児や小児期の飽和脂肪酸摂取による健康影響については充分なデータは存在していません。しかし、動脈硬化症が小児期に始まり、若年成人期に引き継がれ、中年以降に冠動脈疾患が発症することはよく知られています。

●炭水化物(糖質、食物繊維)
小児において頻度の高い健康被害として便秘があり、高食物繊維摂取による便秘改善の効果が期待できます。小児においてはその他の生活習慣病の発症や重症化の予防に食物繊維がどのように関与しているかの報告は乏しいです。

しかし、生活習慣病の発症には、長期間にわたる習慣的な栄養素摂取量が影響することからも、小児期の食習慣が成人後の循環器系疾患の発症に影響を与える可能性もあるので積極的に摂取したいです。3歳未満の子の1日の摂取目安は明らかになっておらず、3〜5歳で約8.5g/日、小学3年生で12g/日、中学2年生で15g/日になります。(男女で多少の差はあり)

 

3.最後に


 

食事は将来の身体に繋がります。当然食べることですぐ身体に表れることもありますが幼少期の食事の蓄積で大人になった時に重大な問題へと繋がることもありますので適度な食事管理は子供の時からちゃんとやっていきましょう。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

店舗名:パーソナルジムNICO自由が丘
女性のボディメイク・健康増進に特化した指導

20〜50代女性(運動未経験)の方が多く通われています。
産前産後トレーニング・お子様連れ大歓迎

〜体験トレーニングご希望の方〜
こちらのリンク先からお問い合わせください📩

住所:東京都世田谷区奥沢6-33-12 アスターハイツ303

最寄駅:東急東横線・東急大井町線「自由が丘駅」徒歩3分、東急大井町線「九品仏駅」徒歩7分、東急目黒線「奥沢駅」徒歩8

営業時間:8:00-22:00

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

★パーソナルジムNICO 自由が丘 HP

★パーソナルジムNICO 自由が丘 Instagram

★パーソナルトレーナー 中村達也 Instagram

この記事の監修者

中村 達也(なかむら たつや)

中村 達也
保有資格 2015年パーソナルトレーナーとして活動開始。
一般人、芸能人、モデル、経営者など幅広く指導を行う。
2021年パーソナルジムNICO自由が丘をオープン。約1年で予約が一杯の状態となる。
2024年パーソナルジムNICO二子玉川をオープン。ジムトレーニング×ピラティスで理想の身体づくりをコンセプトにスタジオを運営。
現在も現場でのセッションを精力的に行い、お客様のフィットネスライフをサポートしている。

  |  

Contact

体験トレーニングのご予約

070-8492-0855営業時間 / 8:00-22:00