NICO BLOG
ニコ ブログ

肥満傾向にある子供に必要な運動

2022/09/08

テーマ

こんにちは

自由が丘パーソナルジムNICOです。

前回のブログでは現代の子供は運動不足の傾向にあることをお伝えしました。

そして運動不足であるが故に子供の肥満も増加していることはご存知でしょうか?

今回は肥満傾向にある子供に必要な運動とその注意点についての解説!

自由が丘パーソナルジム 運動

1.増えている子供の肥満


 

肥満は糖尿病をはじめ、心臓血管疾患、高血圧や心筋梗塞、脂質異常症、睡眠時無呼吸症候群などの生活習慣病を引き起こす原因となります。

肥満は万病の元とはよく言ったものです。

そして日本だけでなく世界各国で子供の肥満は増えており、深刻化しております。

その原因は食生活の変化も当然ありますが、以前ブログでも述べたように運動不足により、摂取したエネルギーに比べて消費エネルギーが少なくなり、身体の強さ(パワー、持久力、スピード、バランス)や最大酸素摂取量が低下しているのも問題と言えます。

肥満傾向にある子は、健康である子に比べて早い段階で疲れてしまう為、様々なことが悪循環となり、更に体重や体脂肪の増加に繋がります。

 

2.有酸素運動と高強度運動の複合


 

過体重の子は脂肪燃焼を促進させる有酸素運動が一見効果的かと思われますが、過体重であるが故に、長時間のランニングやジョギングは膝に負担が大きく、オーバーユース障害のリスクを高める可能性が高いです。

更に運動嫌いな場合は長時間の運動もストレスに感じることもあります。

なので中強度程度の有酸素運動に加えて高強度のトレーニングを入れるプログラムも効果的と言えます。

ジュニア期にレジスタンストレーニングを取り入れるのは、急速な骨の成長スピードに対して筋肉の発達はゆっくりな為、子供も頃にトレーニングは必要ないとひと昔前までは言われていましたが、近年ではトレーニングによって生じる子供の筋力は、成人と同じように向上することが明らかとなり、どの発育段階にいる子供でも、定期的なレジスタンストレーニングを行うことによっての成長の阻害や骨端軟骨が損傷するなどのケースも可能性はかなり低いと言えます。

 

3.レジスタンストレーニングの必要性と効果


 

正しいレジスタンストレーニングを行うことで、筋力、筋パワー、筋持久力が向上します。

更に心肺機能、身体組成、血中脂質、骨密度などの身体機能が高まり、心理社会的な健康、幸福感も向上します。

フリーウエイト、自重エクササイズ、アジリティトレーニング、メディシンボールエクササイズなどを用いたトレーニングプログラムを継続していくとほとんどの子供が基本的な運動スキルが向上していきます。

ここで注意したいのが、レジスタンストレーニングは素晴らしい効果を出せますが、しっかりとしたスキルや経験のある指導者のもとで行う必要があります。

また子供が悪ふざけをしたりすれば、どんな種目の活動でも事故を起こしてしまうことも忘れないようにしっかり注意して指導する必要があります。

●レジスタンストレーニングの効果

・適切に計画、正しい指導者のもとで行えば、筋力の筋力向上が見られる

・心臓血管系のリスク特性を改善できる可能性がある

・運動スキル、競技パフォーマンスの向上

・スポーツ関連の障害予防

・心理社会的な健康、充実感、達成感などの良好な効果

・神経系の向上 etc.

 

4.最後に


近年の子供は、ユーチューブやテレビゲームに依存しがちです。

親がしっかり子供を誘導して心身共に健康な子供へ育てましょう!!

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

店舗名:パーソナルジムNICO自由が丘

住所:東京都世田谷区奥沢6-33-12 アスターハイツ303

最寄駅:東急東横線・東急大井町線「自由が丘駅」徒歩3分、東急大井町線「九品仏駅」徒歩7分、東急目黒線「奥沢駅」徒歩8

営業時間:8:00-22:00

完全個室プライベートジム

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

★パーソナルジム NICO自由が丘 HPやSNSはこちら

▼▼▼

★パーソナルジム NICO 自由が丘 HP

自由が丘パーソナルジム NICO

★パーソナルジム NICO 自由が丘 Instagram

自由が丘パーソナルジム NICO

★パーソナルトレーナー 中村達也 Instagram

自由が丘パーソナルジム トレーナー