NICO BLOG
ニコ ブログ

筋トレと糖化

2022/05/20

テーマ

こんにちは

自由が丘パーソナルジムNICOです。

本日は糖化について簡単に解説していきます。

皆さんは糖化という言葉はご存知ですか?

栄養の勉強をしていたり、美容関係に興味や関心がある方はご存知の方もいると思います。

 

1.糖化とは


 

糖化とはアミノ酸が熱をかえして糖とくっつく現象を糖化と言います。

活性酸素による酸化は「身体のサビ」と言われることで有名ですが、糖化は「身体のコゲ」とも言われたりします。

糖化が進むと肌のシミ、シワなどになって現れます。

さらに糖化によって最終的に生みだされる物質をAGEs(終末糖化産物)と言います。

 

●糖化のリスク

・糖尿病

・皮膚の老化

・動脈硬化

・骨粗鬆症、骨関節症

・白内障

・アルツハイマーetc.

 

 

2.AGEsが含まれている食品はNGなのか


 

ではAGEsが含まれている食品は食べたらいけないのか?について

結論から言うと食べる量によります。

食品からのAGEsの吸収率は約10%程度、さらに尿として排出されるものもありますので、最終的に身体に蓄積されるのは摂取した約5%と言われています。

AGEsが多く含まれる代表的な食べ物は、加工肉、揚げ物、菓子類などです。

上記の食べ物はAGEsが多く含まれる云々ですね!

 

3.糖化の予防


 

・血糖コントロール

体内に糖があり過ぎる状態は糖化が起こりやすいです。

適度な運動習慣を身に付ける(無酸素運動)ことと、血糖値スパイクが起こるような食事内容は避けましょう。

運動に関しては糖をエネルギーにする無酸素運動、いわゆる筋トレが一番効果的です。

食事に関しては血糖値が急激に上がる、糖質過多な食事、早食い、どか食いは避けたいです。さらに清涼飲料水も血糖値を上げる意外な落とし穴です。

 

 

・栄養摂取

 

糖化反応が起こる時に必要なカルボニル基を除去する作用があるのがカルノシンです。

カルノシンはアミノ酸が2つ結合したイミダペプチドの一種で特に鶏胸肉に多く含まれています。

もっと細かく分ければカルノシンはベータアラニンとヒスチジンになりますのでこれらをサプリメントから摂取するでも良いです。

他には糖の代謝に必要なVB1も大切になってきます。

 

4.最後に


 

糖化が健康や筋トレにも悪いことがわかったと思います。

極端な食事制限をする必要はありませんが、食べ方や食べ物には注意した方が良いのと運動はしっかりやっていきましょう!

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

店舗名:パーソナルジムNICO自由が丘

住所:東京都世田谷区奥沢6-33-12 アスターハイツ303

最寄駅:東急東横線・東急大井町線「自由が丘駅」徒歩3分、東急大井町線「九品仏駅」徒歩7分、東急目黒線「奥沢駅」徒歩8

営業時間:8:00-22:00

完全個室プライベートジム

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

★パーソナルジム NICO自由が丘 HPやSNSはこちら

▼▼▼

★パーソナルジム NICO 自由が丘 HP

自由が丘パーソナルジム NICO

★パーソナルジム NICO 自由が丘 Instagram

自由が丘パーソナルジム NICO

★パーソナルトレーナー 中村達也 Instagram

自由が丘パーソナルジム トレーナー