NICO BLOG
ニコ ブログ

各関節の可動域

2022/07/04

テーマ

こんにちは

自由が丘NICOです。

「私は身体が硬いです。」とおっしゃる方がよくいます。

ではそれは本当に硬いのか?

関節には各関節に目安の可動域があります。それを知ることで、実際には問題なかったり、めちゃくちゃ問題だったりがわかります。

この記事で是非ご自身の身体の可動域を再確認してみてください。

自由が丘パーソナルジム ストレッチ

1.各関節の可動域


 

各関節がどれくらいの可動域が正常なのかを記載しました。

※指先の関節は省略します。

書籍によって若干の違いはあるので大体で覚えてもらえれば良いかと思います。

 

・頚椎の作用と可動域(前屈/後屈 0~60°、回旋 0~70°、側屈 0~50°)

 

・肩関節の作用と可動域(屈曲 0~180°、伸展 0~50°、外転 0~180°、内転 0°、外旋/内旋 0~90°、水平屈曲 0~135°、水平伸展 0~30°)

 

・肘関節の作用と可動域(屈曲 0~145°、伸展 0~5°、回内/回外 0~90°)

 

・手関節の作用と可動域(掌屈 0~90°、背屈 0~70°、橈屈 0~25°、尺屈 0~55°)

 

・脊柱の作用と可動域(伸展 0~30°、側屈 0~30°、回旋 0~40°)

 

・股関節の作用と可動域(屈曲 0~125°、伸展 0~15°、外転 0~45°、内転 0~20°、外旋/内旋 0~45°)

 

・膝関節の作用と可動域(屈曲 0~130°、伸展 0°、外旋 0~40°、内旋 0~10°)

 

・足関節の作用と可動域(背屈 0~20°、底屈 0~45°、外反 0~20°、内反0~30°)

 

2.可動域制限


 

各関節の可動域が正常の可動域まで動かないことを可動域制限と言います。

可動域制限がある場合は他の関節が過剰に動き、代償動作となって負担が強くなり、結果身体を痛めるケースも多くあります。

日常生活に支障がでないように、日頃からトレーニングやストレッチをして身体が固まらないようにケアしていきましょう。

 

3.最後に


先ほども述べたように各関節の可動域は非常に大切です。

日常生活に支障をきたしているレベルで肩が挙がらない、股関節が痛いなどといった状態の方は是非NICO自由が丘へお越しください!

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

店舗名:パーソナルジムNICO自由が丘

住所:東京都世田谷区奥沢6-33-12 アスターハイツ303

最寄駅:東急東横線・東急大井町線「自由が丘駅」徒歩3分、東急大井町線「九品仏駅」徒歩7分、東急目黒線「奥沢駅」徒歩8

営業時間:8:00-22:00

完全個室プライベートジム

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

★パーソナルジム NICO自由が丘 HPやSNSはこちら

▼▼▼

★パーソナルジム NICO 自由が丘 HP

自由が丘パーソナルジム NICO

★パーソナルジム NICO 自由が丘 Instagram

自由が丘パーソナルジム NICO

★パーソナルトレーナー 中村達也 Instagram

自由が丘パーソナルジム トレーナー