NICO BLOG
ニコ ブログ

トレーニング器具、迷ったらこれを買え!

2021/09/07

テーマ

こんにちは

自由が丘、二子玉川パーソナルトレーナーの中村達也です。

コロナ禍でリモートワーク、自粛により去年から運動不足の方が激増しています。

現に「コロナ太り」という単語があるくらいですからね(笑)

そのような中、自宅トレーニングでも使える器具が非常に売れています。去年はダンベルが一時期中々、購入できないという状況もありました。

今回は僕自身がオススメするトレーニング器具を紹介しますので参考にしてみてください。

自宅で使えるトレーニングアイテムは、安いものから高いものまでピンキリです。何でもかんでも買ってしまうのではなく、トレーニングをする目的(ボデメイク、腰痛、肩こり、姿勢改善など)に合わせて選んでいきましょう。何を買っていいかわからない場合は知り合いのトレーナーさんに相談するのもいいと思います!

一番ダメなパターンは使わなくなってしまうことです。

これでは全く意味がないので、自分の目的に必要なアイテムを購入しましょう。

 

1.ヨガマット、トレーニングマット

 

先ずは定番アイテムですね。トレーニングは仰向け、うつ伏せなどの種目も多いので腕、肘、膝などを守ってくれます。床だと硬くて痛いです

更に地面に直接寝転ぶと汚れが付着したりしますので、トレーニング・ストレッチ時にはかかせません。トレーニングを始める方は是非購入したいです。

 

・オススメする方:全ての方

・値段:1000円未満~

トレーニング道具

2.セラバンド

 

セラバンドはリハビリ、高齢者向けの運動用具として活用されてきましたが近年では、お尻女子をブームにヒップトレーニングアイテムとして絶大な人気を誇っています。

お尻を鍛えたい方はマストアイテムでしょう。

薄いゴムバンドですので、持ち運びも簡単ですし道具を置く場所も困りません。

 

・オススメする方:お尻を鍛えたい方、高齢者の方

・値段:1000円未満~

トレーニング道具

3.トレーニングチューブ

 

チューブは自重では鍛えにくいプル系の種目も行え、全身を鍛えることができます。更にセラバンドと同じで持ち運びもでき、どこでもトレーニングできてしまうところが良い点です。

筋肉や関節に過度な負担もかからないので高齢者トレーニングやリハビリにも使えます。

 

・オススメする方:トレーニング初心者の方、高齢者

・値段:1000円未満~

トレーニング道具

4.フォームローラー

 

こちらはボディケアのツールとして活用します。

代表的なものではストレッチポールが挙げられますが、フォームローラーの方が場所ととらなくて済むことや、リリースしたい箇所にピンポイントで当てることができるのでおススメです。

 

・オススメする方:身体のケアもしたい方

・値段:1500円~

メンテナンス道具

5.ダンベル

 

ダンベルの良い点は何と言っても上半身のトレーニングの幅を広げてくれるところです。

下半身のトレーニングは種目やトレーニング方法によっては物がなくとも自重で十分な負荷はかけることはできますが、上半身は中々難しいです。

ダンベルがあることによって、背中、肩、腕のトレーニングが可能です。胸トレはベンチ台かストレッチポールが必要

チューブよりも物理的な負荷が強いので個人的にはダンベルのがオススメ!

近年では可変式ダンベルもでて、場所をあまり取らずに40㎏くらいまで扱えます。

 

・オススメする方:上半身をしっかり鍛えたい方、筋肥大が目的の方

・値段:約2000円~50000円以上(重くなるにつれ値段が上がります。)

トレーニング道具

6.ケトルベル

 

トレーニングを行なったことがある方はご存知のやかんを連想させるアイテムですね。

ケトルスイングやターキッシュ・ゲットアップなど全身を連動させるトレーニングにも適応してます。

見た目も可愛いので家に置いてあると少しお洒落感もでるかも

 

・オススメする方:中級者、上級者の方

・値段:約2000円~10000円(重くなるにつれ値段が上がります。)

トレーニング道具

7.TRX

 

これはネタとして入れておきます!

一つの器具で全身のトレーニングが可能です。(器具単体だけならトレーニングの種目幅が一番多いです。)

ボディメイク、パフォーマンスアップ、リハビリなどあらゆる目的にも使えます。

家、公園、河原など引っ掛けるところがあればどこでもでき、持ち運びも軽く楽です。

値段が高めなので少しハードルは高いですが、トレーニングも楽しくでき個人的にはオススメ!(現在では類似品も多く出ていますのでそちらで代用するとコストを抑えれます。)

 

・オススメする方:上級者、アスリートの方

・値段:約5000円~33000

トレーニング道具

8.まとめ

 

オススメのアイテムを簡単に解説しました。

他にもストレッチポールやバランスボール、ヨガブロックなどもありますので目的に合わせて購入するのが良いです。

筋トレをしたい方はヨガマット、ダンベル (1セット)、ケトルベルだいたいこの辺りを購入すれば良いのかなと思います。(500010000円以内で全て揃えれます。)

現在はオンラインでのパーソナルトレーニングも需要を増していますので自宅のトレーニング器具が眠っている方は受けてみるのも良いと思いますよ( ´ ` )


■□新規会員募集中!■□

NICOでは現在新規の会員様を募集中です。
体験トレーニングは全メニュー初回20%オフ、入会金・事務手数料無料と大変お得!

トレーニングスタジオのご案内ページ

お子様連れでのトレーニングや、マタニティトレーニングも歓迎です。

また、ご自宅でオンラインパーソナルトレーニングを受けることもできます。 

▼体験のご予約はこちらから▼

ご不明な点お問い合わせフォームよりご連絡ください。

トレーナー中村達也のプロフィール

インスタグラム 筋肉・栄養の科学はこちら